ライフプランニング

どの時期にどんな保険に入ればいいの?

一言に保険といっても、数が多すぎてどのようなタイミングでどの保険に入ればいいのかわかりませんよね?
若い方であれば、「そういえば、親が生命保険に入っていたよな」とか、中年の方であれば、「友達が医療保険に入っていて助かった。って言っていたよな」など、保険に対するイメージもぼんやりしているかもしれません。
ここでは、そのシーンに応じて必要である保険についてまとめています。

独身の時

一般的に独身時代(若い時)は大きな保険はいりません。
この時期は、人生で一番お金の使い道が自由な時です。そして積極的に自分の経験に投資できる時でもあります。
保険料は年齢と共に高くなるので、若いうちから保険に入るというメリットは大きいです。ですので、最低限の病気やケガに対しての医療保険に入ることをおすすめします。

結婚した時(子供ができた時)

世帯主に何かあった時、家族が再出発できる為の保険がオススメです。その他、医療保険や子供がいる場合は学資保険なども必要となってきます。その際、会社員(公務員)なのか自営業をされているのかによって、必要とする保障内容は変わってきます。


【世帯主が死亡した時、国から支払われる遺族年金の例】
会社員(公務員)の方の場合:遺族基礎年金+遺族厚生年金(遺族共済年金)
自営の方の場合:遺族基礎年金のみ

会社員(公務員)の方と自営業の方とでは、遺族年金の額は変わってきます。
それぞれこの年金を差し引き、必要保障額を生命保険で準備するのが基本です。
必要保障額の算出をご希望の方はお問い合わせください。

住宅を購入した時

住宅を購入した場合、生命保険の見直しをお勧めします。住宅取得後は家賃がなくなります。
そして、ローンで購入した方はほとんどの方が団体信用生命保険に加入します。という事は世帯主の方に万一の事が発生した場合でも団体信用生命保険でローンが完済される為、必要保障額が少なくなります。
このタイミングは見直しの大きなチャンスですので、一度お問い合わせください。

世帯主が退職した時

退職後は、セカンドライフのスタートです。ライフプランは日々変化するのが普通ですから、現在の状況と今後のビジョンを照らし合わせて全体的に保障内容の見直しが必要になるでしょう。まずは再確認からオススメします。
他に相続対策や事業承継などに関してはお問い合わせください。

保険は種類が多いし、内容が複雑。
私たちの立場に立った視点でわかりやすく案内してくれる人はいないのかしら?

そんな時はお問い合わせ下さい。

  • お電話での資料請求・問い合わせ 電話受付時間/平日 9:00~19:00 tel:0120-42-2234
  • メールでのお問い合わせ
どこの保険屋さんにしようか迷ったら… 「ARKについて」 まちの保険屋さんドットコム facebook マイナビ2016

保険種類一覧

家族に備える
死亡保険
介護保険
学資保険
自分に備える
医療保険
がん保険
個人年金保険
物に備える
自動車保険
火災保険
地震保険

Contact us

お電話での問い合わせ
0120-42-2234
電話受付時間/平日 9:00~18:00
メールでのお問い合わせ
アローズコーポレーション にっぽん子育て応援団 あなたの街のコンシェルジュ

Get Adobe Reader PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。